2017年8月16日水曜日

8月16日



セイタカアワダチソウの花が咲き始めて
ますます秋の気配が入り込んでくる。

木々の緑に夏に向かう時のような青々しさとは違う
少しトーンを落とした色がかかりはじめた。

昨日はこの家を建てたときにお世話になった材木屋さんが
ぶらりと寄ってくれた。

調度、建築を始めた頃の記録を読み返していたところだったので
彼らとの会話はタイムリーでとても楽しかった。

今日は、留学していたときに一緒だった友人が
会いに来てくれる。
17歳の1年間、同じエリアに留学して同じ学校に通っていた友人。
会うのは13年ぶり。

来訪の連絡があってから、
その頃好きでよく弾いていたピアノ曲をふと思い出して弾いてみたり、
その頃愛読していた本を再読してみたり。



急ぎ足で過ぎて行こうとしている夏、
深煎りの珈琲をゆっくり飲もう。











2017年8月9日水曜日

8月9日

過ごしやすい夏です。

暑さのピークは7月の上旬だったのか・・・。


庭のワレモコウが花をつけました。
カエルの声がいつの間にか聞こえなくなり、
蝉が頑張る季節になりました。

冷たい珈琲より温かい珈琲が飲みたくなる気候です。
朝の珈琲を深煎りの珈琲にしようか浅煎りの珈琲にしようか
なんとなく悩むような気候です。
そして、個人的には不思議なことに
淹れたい珈琲と飲みたい珈琲に
微妙なズレがある今日この頃です。

ゆっくり蒸らして、じっくり深煎りの珈琲を淹れる楽しさを
味わいたいけれど、飲むのは軽い珈琲がいいなと思ったり、
華やかな香りを楽しみながらテンポよく淹れたいけど、
コクと甘みのある深煎りをじっくり味わいたい、と思ったり。

飲みたいなと思う珈琲を、自分が求めている味にピタッと淹れられた朝は
とても気分が良いです。
私の珈琲に関するストライクゾーンは非常に狭いので
実は毎朝真剣勝負!なのです。



夜更かしが好きです。

月と星が空を受け持つ時間になると、
少しほっとして自由になったような気がします。

チェロを出してきて、チューニングし、音を出します。
体のどこかに余計な力が入っていると
余計な力が入った音になります。
力を入れるのは比較的簡単で、力を抜くのはなかなか難しい。
チェロを弾くことで自分を解放しようとしているのだと思います。

今夜は曇り空です。
星も月も見えません。

少し湿度があり空気が重たいです。

もう少し夜が更けてきたらチェロを弾こう。





2017年8月2日水曜日

8月2日

適度に雨が降り、適度に気温が上がり、
庭の雑草がぐんぐん大きくなりました。

庭は歩きにくくなり、野菜やベリーの収穫も一苦労となってしまったので
草を刈りました。


 植えてあるものと生えてきたもの、
ハーブや野菜の育つべきところと私が歩く場所、の峻別がつくと
庭が立体的に見えます。

誰が見てもそう見えるのかはわかりませんが、
少なくともこの庭を愛する私の目には
たくさんの生き物たちが仲良く共存している
秩序のある庭に見えてきました。



庭が落ち着いたところで、
私の頭の中のごちゃごちゃになりかけていた引き出しも
少し整理してみました。


答えが出ないこともたくさんありますが、
なんとなく感じていたこと思っていたことを
きちんと意識してみる作業は有益でした。


夕方、注文してあった珈琲が届いたので淹れてみました。
オーガニックのブラジル。

豆を挽くと香ばしい香りが広がります。
ナッティな風味とあと口に残るかすかな酸味と爽やかな甘みが
美味しい珈琲です。